くいしばりの治療

くいしばりは、全身の健康と密接な関係があります。片頭痛、肩こり、耳鳴りなど全身の健康と関係しています。
歯では、歯が割れたり、知覚過敏を起こしたり、歯周病により歯が抜ける引き金にもなります。
カウンセリングの後に最適な顎のマッサージ、ストレッチを行っていただきマウスピースを使用して症状の改善をはかります。

iStock-mausu.jpg

*これらの治療は保険対応です

ボトックス療法(くいしばり治療)

くいしばりを根本的に改善するのがボトックス療法です
噛む筋肉である咬筋にボトックスを注射することにより緊張している筋肉を柔らかくします。
ボトックス療法を数回行うことにより食いしばりがなくなる患者様もいらっしゃいます。
多くの患者様が食いしばりによる苦痛から開放されているようです。
くいしばりによる筋肉の緊張に伴う偏頭痛にも効果がみられます。緊張性頭痛の場合は咬筋に隣接した側頭筋にもボトックス注射を行います。
緊張性頭痛に関しては診断が必要です。
これらの効果は米国ベイラー医科大学神経学教授のJoseph Jankovic氏らの実験により確認されています。
Ondo WG, et al. Neurology. 2018 Jan 17.

iStockbotox3-.jpg 

ボトックス療法について

フルスクリーン版はこちら
(出典 高須クリニック)

緊張した咬筋が弛緩することでくしばりよる緊張性頭痛の緩和、肩こり耳鳴りの緩和、歯根破折の予防が期待できます。
注射を行いますがほとんど痛みはありません。
ボトックス治療は1996年から厚生労働省の承認を受けている治療です。
ボトックスは完全無毒化されているため、人体への影響はありません。
 院長である私、矢崎も行っています。
動画はエラボトックス治療について解説されている高須クリニックの高須幹弥先生です。
高須クリニックでは小顔効果を目的としてエラボトックス治療をされていますが当院のくいしばり治療を目的とするボトックス治療と同じ原理になります。
治療費用は30単位 33,000円(税込)です。
単位の追加は10単位11,000円(税込)です。1回の治療で約3~4ヶ月間の効果が期待できます。

ボトックス治療は一生行わなければならないの?

初めてボトックス治療を受けられる患者様は筋肉が発達しすぎていて初回は充分な効果が感じられないことがあります。
発達した骨格筋である咬筋にボトックスを使用すると使わなくなった咬筋は萎縮して細くなってゆきます
使用しない筋肉は衰えて”廃用性萎縮”が起こり細くなります。
これを数回繰り返すことにより3~4割の患者様のくいしばりは楽になります。

フルスクリーン版はこちら
(出典 高須クリニック)

治療後は....
・筋肉注射ですので注射後に打った場所が痛い場合がありますが数日でなくなります
・注射の後をもまないでください
・3日間はフェイシャルマッサージは避けてください 

*ボトックスとは米国アラガン社のボツリヌストキシン剤の名称です。
当院ではFDA(アメリカ食品医薬局)に認可されており効果・安全性が認められているより高品質のドイツのメルツ社のボツリヌストキシン剤Xeomin(ゼオミン)を輸入して使用しております 

 

xeomin.jpg

*ボトックス療法は自由診療となります。
*ボトックス療法の効果には個人差があります。

ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください。
03-3269-0481