むし歯治療

浅い虫歯

痛みがないか、もしくは少なく神経まで行っていない虫歯の場合悪い部分を取り除き詰め物をいたします。
詰め物は場所、形により異なりますが金属または白いコンポジットレジンという材料を使用します。
治療期間は1~3回です。


cavity01-1.jpg

 

深い虫歯

1)神経まで行ってしまっている虫歯の場合は神経(歯髄)を取り除く根管治療が必要になります。
Ni-Tiのファイルという器具を使い神経がある根管を慎重に拡大して数回消毒を行います。
その後ゴム状の素材を神経が入っていた根管に充填して根管治療は完了します。
2)神経を取った歯はもろくなりますので多くの場合クラウンというキャップを被せて歯を元通りの形に戻します。
従来は奥歯の場合、クラウン(キャップ)は金属のみでしたが近年ではCAD/CAM冠という白い歯も選択できるようになりました。

cavity02.jpg

 

麻酔について

麻酔の注射はいやなものです。ズーンと来る感じがします。
それを和らげるために当院でははじめに麻酔のゼリーをぬり、その後にコンピュータ制御の圧力が少ない注射器を使用して麻酔をおこなっています。

inzyukusyon-12.png

ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください。
03-3269-0481