レーザー治療ってなに?

レーザー光線とは文字どうり光です。代表的な光に太陽があります。

ご覧になった方も多いと思いますが太陽の光は虹のように7色に分解できます。

これは、様々な波長が含まれた方向性がない光だと思ってください。

レーザー光線は単一の波長の光線です。これをコヒーレントな光といいます

例えると、太陽の光は様々な人間がぶつかりあう群衆で、

レーザーの光は、統制がとれた光の兵隊です。

この光の兵隊を駆使して治療するのが、レーザー治療です。

 

レーザーによる歯周病の治療

 

まず、痛くないですから、ご安心ください

いままでは、ブラッシング指導と歯石取りが中心でした

しかし光により歯周病菌の除去が痛みなく簡単に行なえます

 歯周病については皆さんご存知だと思うので割愛します。

当院ではまず、当然患者さんのリクエストを聞いて相談してからの治療となります

基本的には従来どおり歯の磨き方と歯石を取り除きます

本格的に取る場合は麻酔をかけて痛みがない状態で行います

歯石をとって歯がツルツルになった後にクラス4レーザーで歯周ポケット内の歯周病菌を除菌します

その後は定期的にレーザーで歯周ポケット内をの歯周病菌を除菌するポジティブな歯周病治療を提案します。

当院ではレーザー照射により歯周病により失われた骨がまた作られた症例もあります

*以下 医療関係者の方はご覧ください

この症例は重度な歯周病になった歯を動かないように固定し、レーザー照射で歯周組織が回復した症例画像です。
骨が再生していることが確認できます。

根分岐部で造骨細胞が活性化され骨が作られました

LASERの細胞活性化現象には目をみはるものがあります

 *細胞活性化現象はLASERのエネルギーが光である特性から細胞内の有色素であるミトコンドリアに選択的に吸収されその結果、ATPサイクルが賦活化され細胞レベルでの活性化現象が起きます。

 

1368.png
レーザー照射前
1368.pngレーザー照射後

 

知覚過敏

冷たいものをで歯がしみませんか?

知覚過敏かもしれません。不愉快なものです。

いままでの治療方法とは違いレ-ザ-は歯の構造を変化させます

そのために知覚過敏には特に効果があります。

 

口内炎の治療

口内炎にレ-ザ-を照射すると劇的に治るのが早くなります。

レ-ザ-照射で傷口の治りもとてもよくなります。

 

抜歯の後の傷口の回復促進

歯を抜いたあと、痛みが残る場合がありますがレーザー照射で傷の治りが劇的に早くなります。

痛みも和らぎます。


光には細胞活性化能力があります。

現代の最新テクノロジーを簡単に使って不愉快な痛みとおさらばしましょう。

 

レ-ザ-による口臭予防

歯と歯ぐきの間のポケットの歯周病菌が原因のひとつです。レ-ザ-を使いポケットの中の歯周病菌を消滅させて口臭を減少させます。

  

1368.png

 

ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください。
03-3269-0481